FlashLight

フラッシュライトの歴史のルーツは古代ギリシア人!?

人類の歴史の中で最も重要な進歩

光の力を活用することは、間違いなく人類の歴史の中で最も重量な進歩です。

この進歩の最も基本的かつ重要な利点は、暗闇を照らす能力を我々人類に与えたということです。

人間はナマケモノ、ヘビ、コウモリなどのように夜行性ではありません。

太古の昔、光の一切ない真っ暗な夜を過ごすことは大変危険でした。

なにかにつまづいたり、獲物を狙う獣に遭遇したりリスクだらけです。

そこで我々の祖先はひとつの方法で暗闇を征服しました。

それは「火」でした。

火を起こし辺りを明るくすることに成功したのです。

そしてその「火」を携帯できるようにしました。

今から約60万年前のことです。

木製の松明、獣の脂で作ったろうそく、我々の祖先は必死に光を求めました。

暖かさを提供し、食物を調理し、獣を追い払うことによって人類の生存を助けました。

歴史家の多くは「火」について、人間が集まることを奨励することで社会規範を変えることに役立つと信じています。

オリンピックのシンボルである聖火にもその類の意味がこめられています。



古代ギリシア人の静電気起こしから物語は始まった

紀元前600年 古代ギリシア人は毛皮を擦ることで毛皮同士が引きつけ合うことを発見しました。

したがってギリシア人が実際に発見したのは静電気です。

1930年代 研究者や考古学者は古代ローマの遺跡であるものを発見しました。

光を生成するための古代のバッテリーであると思われる銅板の入った鍋でした。

さらに同様の装置がバグダッド近くの考古学的な洞窟で発見されました。

古代ペルシア人も初期のバッテリーを使用した可能性があることの裏付けとなりました。

17世紀 初期の静電発電機の発明、正と負の電流の区別、導体または絶縁体としての材料の分類など多くの電気関係の発見がされました。

1600年 英国の医師であるウイリアム・ギルバートは摩擦力を説きました。

特定の物質が互いに摩擦したときに発揮する力を摩擦力としました。

数年後、英国のバツの科学者であるトーマス・ブラウンは数冊の本を書きました。

彼はその本の中でギルバートの研究に基づいた調査を

「電気」

いう言葉で説明しました。

1752年 ベンジャミン・フランクリンは嵐の中実験を行いました。

この実験で雷と小さな電気火花が同じものであることを証明しました。

その後イタリアの科学者アレッサンドロ・ヴォルタは特定の化学反応が電気を生み出す可能性があることを発見しました。

1800年 彼は安定した電流を生み出すボルテックパイル(初期のバッテリー)を開発しました。

◯◯ボルトという言葉はこのアレッサンドロ・ヴォルタの名前から由来しています。

数々の偉人達の手によって静電気から電気に、そしてバッテリーが発明されたのです。

そのバッテリーから魔法のランプが作られました。

魔法のランプ

1879年 発明王トーマス・エジソンや他の発明者によって白熱電球が誕生しました。

1898年 英国の発明家であるデイビット・ミセル氏によって最初の懐中電灯は発明されました。

世界初の乾電池を搭載したシンプルな懐中電灯で、米国特許第617592号に申請し授与しました。

その懐中電灯の持ち手部分として機能するチューブには3つのバッテリーが配置されていました。

バッテリーから小さな白熱電球に電力が供給される仕組みでした。

簡単な接触スイッチはライトをオンオフにすることができました。

そしてその懐中電灯はバッテリーは弱く、電球も原始的でした。

あまりにも遠くに光を飛ばすことができず、ほんのわずかな閃光しか発しなかった為

「フラッシュライト」と呼ばれたのです。

この最初の人類の友はあまり売れませんでした。

なぜなら、バッテリーの動作とカーボンフィラメント電球の効率が悪い為でした。

カーボンフィラメントとは炭素繊維のことで、当時はこれを燃やすことによって発光させていました。

現代でもフィラメント電球で暖色系の温かみのある色の電球がそうです。

フラッシュライトの世界ではNW(ナチュラルホワイト)と総称されます。

そこでミセル氏はカーボンフィラメントから金属の中では最も融点が高いタングステンに置き換えました。

さらにバッテリーを改良することで懐中電灯はより便利なデバイスとなりました。

その後1,000万人の人々がその人類の英知の結晶を手にしたのです。

  • さまざまな種類と有用性が高いのが需要の主な理由でした。
  • 置きっぱなしにできるランタン型
  • より広いエリアを照らすことができる大型のリフレクタータイプ

ポケットに入れて持ち運びのできる小型のタイプ

人々のニーズにあわせて作られました。

色んな形を経て現代に君臨するフラッシュライト。

その歴史も紐解いていくと数々の試行錯誤があった中今日では

100,000ルーメンもの明るさを誇る姿へと変化してきました。

まさに「魔法のランプ」かのごとく。



ルーツは古代ギリシア人

古代ギリシア人が静電気を発見したことから今日までの間。

とても長い間旅をしてきた光。

光の時間旅行は数千年の時を経てその時代の科学でその都度アップグレードされてきました。

フラッシュライトは緊急時に我々を暗闇から守ってくれます。

いかなる緊急事態においてもはじめから準備をしていれば安心です。

家の中の保管できる場所は複数あります。

  • キッチン、バスルームのシンクの下
  • 車の中
  • クローゼットの中
  • 寝室、枕元の手が届く場所
  • 玄関、靴箱
  • 食器棚など

フラッシュライトの保管場所は湿気の少ない乾いた涼しい場所にして下さい。

赤ん坊の手の届く場所には置かないようにして下さい。

動物やペットのそばには置かないようにして下さい。

長時間使用しない場合にはボディから取り外し可能な場合は別々に保管して下さい。

安全に保管し、使い方を守れば最高に頼りがいのある友となります。

誰もがフラッシュライトの恩恵を受けることができます。

それでは今日も枕元に友人を置いて眠るとしますzzz

    -FlashLight

    Copyright© World Cleaner ドラゴン会 , 2020 All Rights Reserved.